台所のつまり対応はポイントがある!


台所つまり修理のポイント

このサイトでは毎日の生活で利用する台所のつまりが生じた時に、どのように対応していくべきかいくつかのポイントを挙げて紹介しています。
取れる方法にはどういったものがあるのか、自分でできない場合に業者に依頼する上で考えておきたいポイントなど、もしもの時のために知っておきたいことを説明しているので、ぜひ目を通してみましょう。
何かあった時にすぐに対応ができるようにするためにも、普段からこうしたことを意識してみる必要があります。

台所のつまりをスグになおしたい!スッポン?洗剤?それとも業者に依頼する?

台所のつまりをスグになおしたい!スッポン?洗剤?それとも業者に依頼する? 台所は毎日使うものです。
だからこそ汚れなどもたまりやすいですし、ごみなども流れてしまいやすくなり排水部分に汚れがたまりがちになります。
それによってつまりが生じ、水が流れなくなってしまうことがあります。
その際にどう対応していくのかを見ていきます。
まずできることとしてはすっぽんなどの器具を使ってつまりをとる方法があります。
これで一時的に流れが良くなる場合もありますが、いずれまた詰まってしまうので別の対策が必要です。
専用の洗剤を使う方法もありますが、つまりの状況によっては汚れを溶かしきれないこともあります。
台所掃除の際に予防として定期的に使うのが良いです。
本格的に詰まってしまったり、すっぽんでは対応できないなら業者に依頼して清掃してもらうことが必要です。

台所のつまりの原因のほとんどは油によるものです

台所のつまりの原因のほとんどは油によるものです 住宅の中で水を使う場所はたくさんありますが、水回りは劣化の激しい部分であり、トラブルを起こしやすい部分となっています。
一番トラブルが発生しやすい場所がトイレですが、その次に多いのが台所と言えるでしょう。
台所ではつまりが発生して水が流れなくなるトラブルが多く見られますが、その最大の原因は油です。
温かい油は液体のような状態になっていますが、冷えると固形化してしまいます。
このようなことから、冬場には増加する傾向が高いでしょう。
天ぷらなどの調理の際には大量の油を使うことになりますが、これらはどんなにきちんと処理をしたとしても、フライパンや食器などには油が多少は残っています。
これらはそのまま流されることになるでしょう。
このような油のついたフライパンや食器を洗った場合には、排水管の中に油がついて冷えて固まっていきます。
そこに食材のかすや洗剤のかすなどがつくと少しずつ塊を作り、最終的には排水管を塞いでしまいます。
水切りネットやゴミ受けなどに食材のカスや滑りが見えなかったとしても、排水トラップの奥に食材のカスが流れ込んでしまったり、ゴミ受けの下にヘドロのような汚れがたまることも考えられます。
隙間をくぐり抜けて排水管に流れていく食材のカスやヌメリなどは、どんなに少しの量でも油と結合すると大きな塊になってしまうため注意が必要です。

台所の排水管のつまりは専門会社に依頼せずに自分で解決することは可能です

台所は住宅内では欠かせない水回りになり、不具合を起こしてしまうと修理やリフォームが必要になるので、経費を大きく掛けたくない方は、日頃からのメンテナンスも重要です。
もしも台所で多いトラブルの1つとして排水口のつまりが起きている場合、賃貸ではなく持ち家の場合は自分で解決をする方法はあります。
ラバーカップや真空ポンプなどは代表的な道具になりますが、台所の場合はシンク台下側の収納スペースを確認すると、排水管は見える位置にあることが一般的です。
ラバーカップや真空ポンプで直せない場合は、排水管を取り外すことで簡単に直せる範囲です。
キッチンの機種やメーカーによる違いがありますが、排水管は樹脂製でも金属製でも接続部分から簡単に取り外すことができ、外した排水管の内部にはつまりの原因となるもので埋まっていることになるので、バスルームの洗い場や戸建て住宅であれば屋外の立ち水栓を用いて内部をハンガーをバラして異物を出す方法、ワイヤーブラシで磨きながら異物を出す方法で簡単に解消できます。
その後は元通りに排水管を取付ける方法で、この状態からパイプクリーナーを使えば完璧です。

台所のつまりを発生させないための予防策はあるのか

水道設備は人間が生活を送る中でとても重要な設備であり、使えなくなってしまうとすぐに困窮してしまいます。
それは我々が水を使うことで生活が成り立っている部分が多いからであり、そこで起きるトラブルは解決を優先しなければ、後で居住者が疲弊するだけです。
水道のトラブルはいくつかありますが、その中で比較的発生率が高いのがつまりであり、これは台所やトイレが起きやすくなっています。
台所の場合は調理をした際に発生する食材の切れ端が配管内の突起物などで止まってしまったり、雑菌の繁殖でもつまりを引き起こしたりします。
この予防策では頻繁に掃除を行ったり定期的にメンテナンスを行うことで対処できますが、設備が老朽化してしまうとそれも問題発生の原因になるでしょう。
台所で汚水が流れなくなると室内に強い腐臭が入り込んだり、害虫が大量発生するなどデメリットが多くなっています。
最善の予防策はできるだけ食材カスなどを配管に流さないようにすることであり、まずは日頃からゴミは排水溝に流すのではなく、不純物は取り除いて水だけを流すといった生活を心がけることが大切です。

近所を優先する方法が台所のつまりの際の簡単で安心な業者の探し方です

台所のつまりが原因で水が流れなくなったり、流れが悪くなって自分で対応出来ないと判断すれば修理を依頼する業者を探さなければいけません。
業者の探し方にはいくつかありますが、既に知り合いがいるという場合や知り合いから紹介を受けられるのなら、それを優先する方法が安心で手っ取り早いです。
知り合いや紹介してくれる人がいない場合は、独自で探さなければいけません。
インターネットを利用する方法やテレビコマーシャルで見たことのある会社を選択するのも一つの方法ですが、全く知識がない人はなるべく近くで探すことをお勧めします。
近くなら何かあった際には、連絡をとればすぐに対応してくれることが期待出来ます。
地域密着型の事業者なら近所の依頼者を雑に扱うことは考えにくいことです。
連絡した際に、近所での工事実績が有ることが確認出来れば更に安心感が高まります。
ちなみに台所のつまりは、トイレや風呂の場合と同じ水のトラブルの一つなので区別して業者探しをする必要はありません。

台所のつまりは排水管の奥の汚れが原因かもしれません。

台所では、料理を作る際に流された油汚れや食材カスなどにより蓄積された汚れが排水管の奥に溜まることで水が流れなくなってしまうことが多く、手の届かない場所であるため掃除は工夫も必要でなかなかに大変な作業です。
水の流れが悪くなった際には、つまり解消グッズを使用することが一番の近道ですが、手元にない場合でも軽度の詰まりであれば、タオルとお湯だけで解消することができます。
手順も簡単で、排水溝の排水トラップを外した後に排水管の入り口にタオルを詰めます。
シンクにお湯(50~60度)を貯め、タオルを勢いよく引き抜くと軽度の場合は治る可能性があります。
トイレで使用されているイメージの強いラバーカップも台所で使用することができれば、力仕事ですが他の方法よりも確実に解消することができますし、真空式パイプクリーナーを使えば力をかけずにご高齢の方でも簡単につまりを解消することができます。
ラバーカップも真空式パイプクリーナーもホームセンターなどで購入できるので、気になり始めたら予め備えておくと良いでしょう。

台所のつまり解消に役立つパイプクリーナー

台所は、毎日のように使う場所ですが油汚れや野菜くずなどを流すことも多くつまりが発生しやすい場所でもあります。
水が上手く流れないと、キッチンも快適に使えないので早めに解消しておきたいところです。
重度の場合は、専門業者に改善を依頼することもありますが軽度であれば自宅で直せることも多くなっています。
台所では、スプーンやはし、ペットボトルの蓋などの異物を落としてしまうことも多いので、そうしたものがつまっていないかも調べてみましょう。
パイプ内の汚れが原因であれば、市販のパイプクリーナーも解消に役立ってくれます。
排水口から薬剤を流し入れて、しばらく時間をおきます。
その後はぬるま湯や水で洗い流すだけで汚れが取り除かれ、つまりが解消できるものです。
パイプクリーナーも多くの商品が販売されていますが、購入する際には溶かしたい汚れに対応しているかどうかも調べておきましょう。
粘度の高いものは、パイプにとどまり汚れを分解する時間も長くなるので、優れた効果を期待できます。

キッチン水漏れの詳細

キッチン 水漏れ 岡崎市


Copyright 2021 台所つまり修理のポイント All Rights Reserved.